株式会社エスエス企画 環境事業部

建築物の遮音性能測定・振動測定

建物内の音環境への配慮は、住宅など建築物の重要な性能のひとつです。
一般には建築物の「遮音性能」とよばれています。
日本建築学会では、建築物の遮音性能の尺度として「床衝撃音レベル」「室間音圧レベル差」「内外音圧レベル差」「室内騒音レベル」の4つを規定しています。

床衝撃音レベル測定

床上で衝撃音を発生させて、下の部屋の騒音レベルを測定します。
重量床衝撃音発生器と軽量床衝撃音発生器の2種類の衝撃音発生器を使用します。

測定方法

JIS A 1418-1
建築物の床衝撃音遮断性能の測定方法-第1部:標準軽量衝撃源による方法
JIS A 1418-2
建築物の床衝撃音遮断性能の測定方法-第2部:標準重量衝撃源による方法
JIS A 1419-2
建築物及び建築部材の遮音性能の評価方法-第2部:床衝撃源遮断性能
日本建築学会推奨測定基準
建築物の現場における床衝撃音レベルの測定方法
建築物の現場における床衝撃音 A特性レベルの測定方法

室間音圧レベル差測定

室内で騒音を発生させて、おもに隣の部屋との室間音圧レベル差を測定します。

測定方法

JIS A 1417
建築物の空気音遮断性能の測定方法
JIS A 1419-1
建築物及び建築部材の遮音性能の評価方法-第1部:空気音遮断性能
日本建築学会推奨測定基準
建築物の現場における音圧レベル差の測定方法

内外音圧レベル差測定

建築物の外部で騒音を発生させて、室内と屋外の音圧レベル差を測定します。
外部騒音として、自動車音など実際の騒音を使用する場合もあります。

測定方法

JIS A 1417
建築物の空気音遮断性能の測定方法
JIS A 1419-1
建築物及び建築部材の遮音性能の評価方法-第1部:空気音遮断性能
日本建築学会推奨測定基準
建築物の現場における内外音圧レベル差の測定方法

室内騒音レベル測定

測定方法

日本建築学会推奨測定基準
建築物の現場における室内騒音の測定方法

本ページのパンフレットがご覧いただけます(PDF)